湖北の暮らし案内所 どんどん

2018.01.16
イベント情報

地域を通じた人の出会いから描くこれからのまちとクリエイション


楽しいコンテンツが次々と生み出されている東東京エリア



突然ですがみなさんは東京都の台東区というとどのあたりかご存じでしょうか?
動物園のある「上野」や、
浅草寺の雷門や仲見世がにぎやかな「浅草」
なんかがよく知られているかと思います。

昔ながらの商店街のほかに、
個性的なショップやギャラリーがいくつもあって、
小さな散策がとても楽しい寺町「谷中」
のあたりをご存じの方も多いでしょう。
高架沿いに入り組んだ細い道を歩きながら
モノと匂いと喧騒にまみれた買い物の迷宮『アメ横』
のある「御徒町」なんかも聞きおぼえがあるかもしれませんね。

かっぱ橋道具街の少し北側、
朝顔祭りが知られる「入谷」はどうですか?
バンダイやエポックが本社を構える
おもちゃ問屋街の「蔵前」はどうですか?
ここまでご存じの方がおられたらかなりの下町ツウですね。

じつは僕も就職したばかりの頃に
しばらくこの東東京エリアの雰囲気が好きで住んでいたのですが、
正直なところこの入谷や蔵前といったエリアには
あまり具体的なイメージがありませんでした。


ところが、
ゲストハウスブームの火付け役ともいわれる、
(株)Backpacker’s Japan
1号店の『toco.』を構えるのが入谷で、
2号店の『Nui.』を構えるのが蔵前。


寝かせ玄米のお昼ご飯がとっても美味しいという評判が
長浜まで聴こえてきた『結わえる』の本店があるのが蔵前。


サンフランシスコで誕生した話題のチョコレートショップ
ダンデライオンチョコレート』が
日本の第1号店を構えたのがこれまた蔵前。


もちろんこれだけにあらず、、、
改めて地図を見てみると以前から大好きだった本の出版社や、
いつもウェブサイトをのぞいていた木工家具のファクトリーなんかも
このエリアにあったことを知りました。
ともかく新旧たくさんの方たちがこのエリアに根を張りながら、
次々とあたらしいコンテンツを生み出されているようなのです。


地域を通じた出会いと発見

大いに関心を持った僕たちは、
このエリアに関わる様々な方々のハブのように機能しながら
クリエイティブな雰囲気を牽引するキーマンたちを訪ね、
普段されていることやこれまでのこと、
そしてこれからのビジョンについてお話を聴かせていただき、
大いに感銘を受けてきたのでした。


機会をコーディネートしてくださったのは、
これからの暮らしを考えるウェブメディア
灯台もと暮らし』を運営される
株式会社Waseiの鳥井弘文さんとタクロコマさん。
全国を股にかけて活躍されるこの方々も
上野駅の近くのスペースを拠点として、
台東区の事情に精通されていました。


心強いお二人にご同行いただいて訪ねたのは、
エリアを牽引する秀でたクリエイターを続々と輩出する
台東デザイナーズビレッジ』の鈴木淳村長と、

みんなが集まる広場のようなスペース『SOOO dramatic!』や
創る人のためのシェアアトリエ『reboot』など
地域のハブを運営する
まちづくり会社ドラマチックの今村ひろゆきさんのお二方。

普段のお仕事からはじまり、地域の見方、関わり方、
今に至るまでのストーリーやこれからビジョンなど聴かせていただくと、
東東京エリアのダイナミックな動きを
より鮮明に理解することができました。


オープンディスカッション開催のご案内


東京都台東区×滋賀県長浜市
地域を通じた人の出会いから描くこれからのまちとクリエイション
-CREATORS CAMPに向けて-

■ 日時:平成30年2月8日(木)19:00-21:30(18:30開場)
■ 会場:長浜曳山博物館 伝承スタジオ(元浜町14-8)
■ 参加:無料(途中参加可)
■ ゲスト:台東デザイナーズビレッジ 鈴木淳さん
      まちづくり会社ドラマチック 今村ひろゆきさん
  ホスト:レルブロイヤル・ティーハウス 小林雅弘
      湖北の暮らし案内所どんどん 竹村光雄
  進 行:牧貴士、植田淳平
■ 主催・問合:長浜まちづくり株式会社(元浜町8-24)
        電話/0749-65-3935
        メール/info@nagamachi.co.jp

*参加申込みについて*
開場設営の都合上、上記主催者宛に参加される方のお名前と人数をご連絡ください。
電話・メールまたは事務所まで


僕らが11月に台東区を訪ねたあと、
翌12月、今度は皆さんを長浜にお招きして、
市街地や周辺を巡りながら
一次産業、伝統産業、若きクリエイターたちの
新たなものづくりやプロジェクトなどをご案内し、
各現場に関わるプレーヤーたちと会っていただきました。

東京都台東区と滋賀県長浜市
規模も文化も立地もまるでちがった両地域ですが、
これまでのルーツや描く将来像に関する共通点もとても濃厚で、
手応えを感じるキーワードや視点をいくつも共有できると思います。

僕らが大都市を見て憧れることや学ぶことも多い一方、
都市部のプレーヤーがローカルを見て羨み、
参考にされているポイントは少なくなさそうです。

願わくは都市間連携協定による地域のつながりを通じて、
幅広い方同士が個々人としてしっかりとつながり、
これからのまちとクリエイションについてイメージを描くことができたら!


オープンディスカッションを開催いたしますので
ぜひともお越しいただけますよう、お待ちしております。


追記/プロジェクトのはじまりを綴っていただきました


これからの暮らしを考えるウェブメディア
灯台もと暮らし」にプロジェクトのはじまりを綴っていただきました。


都市と地域のキーマンがつながると何が生まれる?
「CREATORS CAMP」のはじまり
──滋賀県長浜市×東京都台東区【前編】


台東区のお二人が長浜に来てくださる続編もお楽しみに!


  • 長浜町家再生バンク
  • Mafis design
  • ナガジン