湖北の暮らし案内所 どんどん

2018.05.30
散策のすゝめ

菅山寺トレイル

湖北のマウンテンバイクライダーたち

5月某日の余呉湖畔。

わらわらと集まってきたマウンテンバイクライダーたち。

わたしタケムラが湖北に来て
はじめてトレイルに入ったのは、はや8年前。
そのときはひとりぼっちだったけど
少しまた少しと仲間が増え続けて
この日は8人のチームで遊びます。

久しぶりに走るメンバーや
一緒に走るのははじめてのメンバーもあり。
出発までワイワイしてます。

目指す遊び場は菅山寺トレイル。
コース終盤には落ち葉でふかふかの
湖北随一のダイナミックなバームセクションが待っています。
※バーム:コーナーの外側の傾斜。

 

さらにありがたいことにこのルート
山の麓にあるウッディパル余呉から
菅山寺手前の峠まで舗装路が整備されていて
標高差300mをきつい担ぎ上げではなく
じっくりペダルを漕いで登っていけるのです。

 

この数日は晴れ続きで路面コンディションもきっと最高でしょう。
胸を高鳴らせて出発です!

激坂登り

ウッディパルはキャンプを楽しむ親子連れで賑やかでした。
いよいよここから急坂を登ります。
それぞれのペースで

ハイペースのアイザック。

シングルスピードをぐんぐん漕ぎ進めるマーシー。

一気に登ること30分前後。

続々と峠越えを達成。

猛獣アイザックの
絞れば汗が滴るほどのTシャツ。

はじめて一緒に走った梅ちゃん
野鳥に詳しく
鳴いている鳥の名前を教えてくれます(驚)
「これアカショウビンっていう鳥の声ですよ。」
「あ、今のがホトトギスね。」

いままではヒヨドリとウグイスくらいしかわからなかったけど
これはおもしろい!

道中のエネルギー補給

うまいぜ。

舗装区間の終点。
眼下にスタート地点の余呉湖と
桐さんの地元である川並の集落が美しい!

ちょっと自転車を置いて菅山寺を散策することに。
旺盛な緑とそよ風がとても気持ちいい。

ひっそりと佇む朱雀池
手足をひらひらさせて泳ぐアカハライモリにも会えました。

 

 

梅ちゃん/
このホイホイホイって鳴いてるのはサンコウチョウですよ。

梅ちゃん/
こんなやつ。

前に別の山で撮ったという写真を見せてもらって一同びっくり。

こんなんいるんや!

かわいらしいヤマアジサイもそこかしこに咲いているこの時期。
ちょこっと歩くだけでいろんな生き物の気配に出会います。
写真には撮れなかったけど、
15匹くらいの猿の群れや
大小いろいろなヘビとも遭遇しました。

お地蔵さんを拝む3坊主。

樹齢1100年
倒れてしまっても尚圧倒的な存在感。
一方が倒れたことによって一方は樹勢を増しているとか。

巨木と対峙する佐野さん。

楽しい楽しいダウンヒル

さあ、出発です。
各々サドルの高さやタイヤの空気圧を調整中。

美しい木立に入り込んでいく佐野さん。

この日お義父さんから譲り受けたという
ビンテージバイクをシェイクダウンの桐さん

パンツとソックスとペダルを
同色でコーディーネートしてきたアイザック。
急になってきた勾配を楽しんでいます。

シングルのフルリジットという男前バイクの池ちゃん。

タケムラは乗りやすくなったバイクに調子に乗ってこの後大ゴケすることに。

 

途中ところどころ、
「ちょっと待って!今んとこオモシロかったね!」
という区間ではUターンしてえっさえっさと後戻り。

順番に練習&腕前を競い合うお楽しみタイムです。

ギャラリーとして見守るのも楽しい。

野鳥博士の梅ちゃんもハッスルしてます。

頭ふたつみっつ分卓越していた乾さんは師匠に任命されました。

予定時間を大幅に過ぎて伊香高裏に下山。
遊びすぎた!!

 

 

ラストは賤ヶ岳サービスエリアにて。
体を動かした後のご飯の旨さは学生時代そのまま。
旨楽しかった!!

 

 

<以上>

文:タケムラ


  • 長浜町家再生バンク
  • Mafis design
  • ナガジン