湖北の暮らし案内所 どんどん

アートをさがしながら街をあるこう

2019.05.02
暮らし案内
★P4285052

 平成から新元号『令和』をまたぎ、10日間というかつてない大型連休となった2019年のゴールデンウィーク。
今そんなゴールデンウィーク期間中、長浜の街にはクリエイターの作品があちこちに展示されているのはご存知でしょうか?

 これから長浜へ遊びに行こうと考えている方も、人混みが苦手で外に遊びにはいかないけれど近所なら…という方におすすめしたい駅から徒歩圏内の企画展をいくつかご紹介します♪

お寺×クリエイター ダイナミックな障子アート

 現在、親鸞の750回御遠忌法要に向けた記念事業として、長浜別院大通寺・長浜市曳山博物館・長浜城歴史博物館の三会場で、『親鸞と真宗文化』という企画展が開催されています。
その会場のひとつである長浜別院大通寺に行ってみましょう。

★P4285077
(切り絵師・早川鉄平氏による障子アート18枚分の超大作)

 大通寺正面の18枚の障子に切り絵で描かれた、躍動感あふれるお釈迦様や動物や植物たち。ここでは、滋賀県在住の切り絵師・早川鉄平さんが親鸞聖人の750回御遠忌法要に合わせて作られた特別な障子アートを見ることができます。

★P4285061
(近くからみると、モチーフの繊細さがよくわかる)
★P4285063
(本堂内からみた障子。光が差し込んでとても綺麗)

 普段見ている大通寺とはまた違った雰囲気で、本堂を真正面からみたときのお寺×クリエイターの作品のコントラストがとても素敵です。 また、境内のなかから作品を見るのもお勧めです。ちょうど光が切り絵作品に当たって、とても綺麗なのです。

場 所:長浜別院大通寺本堂 (滋賀県長浜市元浜町32番9号)
期 間:4/27(土)~5/26(日)
※5/16(木)~20日(月)は、御遠忌法要のため大通寺内別会場にて一部のみ展示予定)
時 間:9:00~17:00(最終入場16:30)
拝観料:無料(その他特別展示の拝観については拝観料がかかります)


親鸞聖人×漫画家 壮大な屏風

★P5025269
(鸞と真宗文化の企画展DM)

 同じく、親鸞と真宗文化の企画展で特別展示されているのが、『スラムダンク』や『バガボンド』の作品で有名な漫画家・井上雄彦氏による親鸞聖人の壮大な屏風が曳山博物館の伝承スタジオにて特別展示されています。スラムダンクを愛読していた私としては、井上氏の作品が長浜で見ることができることが嬉しくて。繊細だけど力強さがある井上氏の作品に感動してしまって、すでに2回も鑑賞。

★P5025279
(井上雄彦氏が描く親鸞聖人 ポストカード)

 井上氏が描いた親鸞聖人の作品は、民衆の先頭に立って水辺を歩く姿と、穏やかに座っている親鸞聖人の姿の2作品。正直なところ、浄土真宗は全然詳しくないのですが、知っている漫画家の方が描かれることで、知らなかった歴史に触れる機会が持ててよかったなと思いました。
 この作品は、ゴールデンウィーク中の5月6日までの期間までとなりますので、ぜひお早めに。会場の作品は撮影禁止ですので、展示会場で購入させてもらったポストカードで。本物はもっともっと圧巻ですよ~!

場 所:曳山博物館 伝承スタジオ (滋賀県長浜市元浜町14-8)
期 間:4/27(土)~5/6(日)
拝観料:無料(その他特別展示の拝観については拝観料がかかります)


Nagahama art labo×どんどん 街のひとが生み出すアート

★P5025283 ★P5025257

このゴールデンウィーク期間中、どんどんでは朝日町にある絵画教室ナガハマアートラボさんによるグループ展〔a moment〕を開催しています。

★P5025260

会場は、「ふなまちアートハウス」「どんどん」の2会場で平面作品を中心に展示。展示作品は、学生、フリーター、会社員といった一般の方々。だからこそ、よりアートというものを身近に感じることができ、楽しんでもらえる展示です。いろんな画材を使った作品があり、人によって見方が違うのも芸術の楽しみ方だと思います。こちらの展示は5月5日まで開催中です。ぜひお立ち寄りください♪

企画展:nagahama art labo exbiton 〔a moment〕
場 所:ふなまちアートハウス・湖北の暮らし案内所どんどん
期 間:4/29(土)~5/5(土)
時 間:12:00~18:00(最終日17:00まで)




  • 長浜町家再生バンク
  • Mafis design
  • ナガジン